安心葬儀


安心葬儀トップページ
葬儀について
葬儀社選び
葬儀費用葬儀マナー
葬儀後にすること
ペット葬儀
葬儀に関するリンク集

  [PR]  



白木祭壇

白木祭壇は昭和初期に考案され、昭和30年代に普及しました。これは、戦後都市化が進み、野辺送りが姿を消す中、野辺送りの時に使っていた御輿の車からヒントを得て、祭壇用に加工したのがはじまりのようです。葬儀社にとっては使い回しのきく白木祭壇はありがたい葬儀用具となり、ヒット商品として一気に普及しました。しかし、本来の仏具は、例えば仏壇を購入した時には「開眼供養(かいげんくよう)」をし、不要になった仏壇は「御霊抜き(みたまぬき)」をするなど死者の霊魂とは密接な関係にあります。

花祭壇

近年、白木祭壇に変わりアレンジしたお花の祭壇の要望が一般家庭葬にも多くなってまいりました。従来は、社葬や団体葬など大規模な限られた葬儀でのみ使用されていました。
式場の広さ、和型、洋型、故人の好きだったお花などで様々なデザインの祭壇をご予算にあわせて設営できます。お花に囲まれ、故人を送るオリジナル祭壇です。千葉や埼玉で葬儀を行う場合も事前に花祭壇相談しましょう。


人によって違う、いいお葬式
みなさんは、「いいお葬式」と言われて、どんなお葬式を想像しますか?
参列者がたくさん来て、立派なお葬式ですか?
故人の人柄があらわれているお葬式ですか?
ひっそりと、質素なお葬式ですか?
演出がされて、感動できるお葬式ですか?
費用がとても安いお葬式ですか?
人によって、想像することは違うと思います。
「いいお葬式」がどんなお葬式なのかを、ひとことで言うのはとても難しいのです。


焼香の仕方

<現 状>
通夜では、僧侶の読経中に焼香するケースが多く見られます。焼香には、立礼の焼香、座礼の焼香がありますが、作法は少し異なります。

●立 礼
立礼の場合、順番が来たらまず焼香台の前に進み、遺族と僧侶に一礼し、続いて身を正して頭を下げてご本尊に合掌拝礼します。そのあと焼香合掌し、最後にもう一度拝礼し、前向きのまま祭壇から2、3歩退いて元の席に戻ります。(但し縁台等の立礼では、2、3歩退く事はしません)

●座 礼
座礼の場合にも腰をかがめて祭壇前にすすみます。喪主に一礼してから前に進み、祭壇に向かって頭をさげます。次に膝で前へ進み遺影に向かって合掌してから抹香を右手に取り焼香します。そのあと再度合掌し、喪主に一礼して立ち上がってから退きます。

●回し焼香

式場が狭い時には、香と香炉を盆に乗せて回し焼香を行ないます。この時、本尊の方角に礼をし、香をつまんで焼香を行ない合掌礼拝して、隣の人に回します。

●宗派による違い

焼香回数は宗派で規定しているところがあります。真言宗では焼香3回、線香も3本立てます。
身・口・意の三業を清めるのがその理由です。 真宗大谷派では焼香は2回、浄土真宗本願寺派では1回、線香は立てないで折って寝かせます。また真宗では、焼香に際して香を額におし戴きません。曹洞宗では焼香は2回、線香は1本です。

●線香での焼香のしかた(座礼)

線香のあげ方は宗派によって違います。長いまま1本をあげる臨済宗、離して3本の真言宗、折って寝かせる浄土真宗、折らずに寝かせるのが日蓮宗です。焼香の際には、霊前まで進みます。そして喪主に一礼をして、祭壇に向かって合掌をします。このあと、線香を取りローソクで火をつけます。このとき炎は手であおいで消します。息をふきかけて消すのは禁物です。そして線香を香炉に立てます。ここでもう一度合掌してから、そのまま後ろにさがります。最後に遺族に一礼をして、自席にもどります。




献花の仕方
自分の番がきたら、花を一輪受け取ります。花が右、茎元が左にくるように渡されますから、両手で花を持ちます。そして献花台の前に進み、花が手前になるように持ち直し、献花台に供えます。そのまま1、2歩さがり深く一礼し、司式者(神父か牧師)、家族に一礼してもどります。
キリスト教の信者の人は、胸元で十字を切ったり、両手を組み合わせてお祈りをささげますが、一般の人にはその必要はありません。

遺品

亡くなった方が生前使用していた品が残っていたり、没後家族の為にと保管しておいた品の数々を整理・仕分けの必要があります。遺族のみで対応しきれないようなら、業者にお願いするとスムーズに遺品整理が完了します。


注目サイト

島原 弁護士 
http://mc-law-shimabara.com/
藤沢のデザイン設計・施工の外構工事専門店
http://www.a-and-g.jp/
深爪矯正
http://www.scenails.com/
釣具 買取
http://fishinglife-wave.jp/
バルーン電報
http://balloongift.net/

最終更新日:2015/2/4

 
Copyright (C) 2008 ansin-sougi All Rights Reserved.